Romanoff-Labo

本と動物と自然が大好きな学生です。主に環境問題、生物学、健康学、心理学を紹介しています。環境問題についてより多くの人に伝えていけたらと思っています: )

最も簡単な習慣化のコツ(習慣化をして楽になろう)

f:id:Romanoff:20180909115304j:plain

今回は実際に自分でも成功した習慣化の方法について紹介します。

 

習慣化をご存知ですか?

 

人は慣れてない事に取り掛かろうとすると、それに取り掛かる段階で脳の意志力を大量に消費してしまい、脳が疲れてしまいます。

脳が疲れると集中力や気力が落ち、当然体も疲れます。

(脳が疲れると仕事でのミスや友人や家族との喧嘩にも繋がってしまいます。)

 

プロスポーツ選手などは、その何気無い一つ一つの超高度な動作を果てしない練習をこなし習慣化して体に染み込ませることで脳のパワーをほとんど使う事なくこなしてしまいます。

同じ動きを素人がを真似しようとすると脳のパワーを大量に消費してしまいます。

 

運動、勉強、仕事とどんなことでも習慣化する事により低負担かつ楽に取りかかれるようになります。

一度習慣化してしまえばこっちのものです。

 

習慣化の方法はシンプルで回数をこなし、自動的に取り掛かる仕組みを作ってあげることです。

コツは初めは自分に甘く目標を設定し、慣れていくにつれて徐々に頻度や量を上げていく事、そしてできればその事をやるためだけのスペースやタイミングを作ってあげる事です。

 

例えばダイエットなどの話でいうと、全く運動のしなかった人が毎日スクワットを50回すると言い出しても絶対に長続きしないでしょう。

まずは3回から始めてみましょう。(低すぎますがそれでいいんです笑)

家から出る前に玄関マットに足を踏み入れた瞬間にスクワットを3回すると言う仕組みを作ってしまいましょう!(人それぞれ違うので、場所やタイミングと回数は自分と相談して決めてください。)

まずは7日間頑張って、玄関マットに足を踏み入れた瞬間にはスクワットを3回します。

7日間連続でやることによって体と脳がその事を覚え出します。

次の週からは玄関マットに立った瞬間に初めの数日間に比べて、それほど気力を使わずスムーズに取り掛かる事ができるでしょう。

最初は、3回と目標をかなり低めに設定する事で絶対に続くはずです。(そこに意味があります)

徐々に回数を上げていく事により自己効力感達成感を得られスクワットが楽しくなります。

 (逆に初めに回数を高くしておいて、途中でそれをできなくなってしまうとストレスや自己否定に繋がって運動が苦痛になってしまいます。)

そして慣れてきた、3回では物足りないと思い出したら5回、10回と増やしていきましょう、続けるごとに取りかかる事が楽になるでしょう。

 

勉強も同じで無駄なものは一切おいていない勉強だけをする机を作り、そこに座ったら勉強だけをするという仕組みを作りましょう。(続ける事が大切なので初めは自分に甘く)

 

多くの研究によると完全に習慣化されるまでは60日かかるそうですので2ヶ月は頑張って続けて見てください!

【他言無用?】自分の将来の夢や目標は他人に話さない方が良い!?

f:id:Romanoff:20180909080425j:plain

多くの研究により自分の将来の夢や目標は他人に話さない方が実現しやすい事がわかっています。

一見すると自分の目標をみんなに話した方がやる気が起き夢が叶いそうな予感がしませんか?でも実は逆なんです。。

理由は簡単で自分の夢や目標を人に話してしまうと、ただ目標を話しただけなのに、脳は勝手に、あたかも夢が叶ったかのような錯覚を感じて満足感を得てしまうそうです。

叶ってもいないのに満足感を得てしまうことにより、やる気は薄れていきます。

そして夢は永遠に叶わず.....

 

本当に夢や目標を実現させたいなら他人には話さずに一人で黙々と努力する方が良いそうです。

 

他言無用!

今すぐにタバコをやめた方がいい決定的な理由。(健康的被害、魅力激減)

f:id:Romanoff:20180909004618j:plain

喫煙はデメリットが大きすぎるということ

 

健康的デメリット

タバコは体にとても害があり、肺がん、脳卒中肺気腫などの命を脅かす病の元となることは誰もが知っているでしょう。

実際にタバコの煙には、4,000種類の化学物質を含んでいて、その中には200種類以上もの有害物質が含まれていています。さらにその中には50種類以上もの発がん性物質が含まれています。

 

喫煙により体力は低下し、せき、息切れ、心臓発作、男性の場合は勃起不全などの症状も起きます。

 

金銭的なデメリット

統計データによると1年にタバコにかかっている費用は14万ほどと言われています。(一日一箱吸う人の場合)

これほどの額があれば旅行をしたり習い事などの自分への投資ができるでしょう。

 

美容的デメリット(喫煙はあなたの魅力を無くす)

喫煙は、健康被害だけでなく、美容に深刻なダメージを与えます。

喫煙は、顔を老けさせて醜くし、シミを増やし、肌のハリを無くしボロボロにします。

それは、タバコのニコチンによって影響で血管が収縮され肌に酸素が届きにくくなり、ビタミンCやコラーゲンなどの肌にとって大事な栄養素を壊してしまうからです。

そして口臭はきつくなり、歯と指や爪は黄色に染まります。

 

喫煙者は非喫煙者よりも何倍も早く老化してしまうことがわかっています。

 

喫煙者は嫌われる

街中や公園、道路で見かける、無責任に捨てられたタバコ。どこに行っても見かけるので本当に嫌になりますよね....。

時々、こんなところに捨てるなんて信じられない..!なんて場所に無責任に捨てられている事もあります。(ポイ捨てする精神自体が信じられませんがね。)

誰が捨てたのかは誰にもわからないでしょうが、犯人は喫煙者であることには間違いないのです。

 

喫煙者=無責任で行儀がなっておらず、不法投棄をして環境を汚す最低な人という世間的なイメージは強いでしょう。

(実際にそういう人が多いので仕方ないです。)

 

さらに喫煙者は独特の悪臭が常時漂うために、人から嫌われたり、鬱陶しがられる事も多いでしょう。気になるあの人からも対象外とされてしまうなんて事も..

 

(当ブログは環境問題について強く懸念しているのでポイ捨てや不法投棄に強く反対します。)

 

警告表示はかえって逆効果!?タバコのパッケージの警告表示

タバコの会社はタバコの売り上げが減ったら困るのに、なぜパッケージにタバコの危険性を促す警告文を乗せているのでしょうか?

 

多くの研究により喫煙は肺がんや死の危険性があると指摘するたばこの箱の警告文は喫煙者を減らすどころか逆に喫煙量を増加させてしまうことがわかっています。

 

喫煙者は毎回、警告表示を見せられ、体に悪いと思いながらタバコを吸うことによってストレスや自己嫌悪になってしまい、喫煙を減らすどころか、かえって喫煙量を増加させます。

ストレスを感じたり自己嫌悪に陥ると人は誘惑に弱くなります。

 

タバコをやめたいと言いながら吸い続けている人はよくいますよね。

 

つまり喫煙量を増加させて儲けるためのトリックとして警告文をワザと載せているのです。

 

 

(ストレスについて書いた記事も見ていただけると嬉しいです。)

romanoff.hatenadiary.com